地球の風景 ~癒されるワ・タ・シ~

                  蓮と申します。 地球の美しい風景、自然、小さな癒しを見つけるのが好きなワタシです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

太陽の虹

 【2009年5月3日 午前11時ごろ神戸にて撮影】
D1000090.jpg

最近、太陽の周りに虹の輪がかかる現象が出ているようです。
この現象を 【日暈(にちうん)】と呼ぶそうです。

5月3日は家族で神戸へ遊びに出かけていたのですが、
午前中ふと太陽を見ると大きな虹の輪が出ていました。
さっそくカメラに納めました。

しかも、虹の輪は二重に出てましたのであまりの
大きさにカメラに一部しか納まりませんでした。
D1000088.jpg 
下にもうっすらと虹が写ってます。

丸くて大きな二重の虹を見たのは私も主人も初めてでした。
父も一緒だったのですが、二重の虹は生まれて初めて見たとの事。
先月24日も子供が学校の校庭で遊んでいたところ太陽の
周りに大きな虹が出ていて子供達の間で大騒ぎだったそうです。

気になりましたので先ほどWikipediaで調べ「」引用しました。

「日暈は中国では別名『白虹』と呼ばれ”兵乱の兆し”とか
他にも”彗星(妖星)の飛来”や”太陽が2つ現れる” などの
予兆ではないかとする説」 があります。

私的には”兵乱の兆し=大きな変化の兆し”のような気がします。

科学的な根拠としては光のプリズム(屈折現象)だそうです。

春分の日以降、宇宙から送られるエネルギーが以前に増して強くなっているそうです。
このような現象が頻度に現れるのは太陽が地球に「この世界が大きく変わるよ」
という私達へのメッセージなのかも知れません。

きっと”古い価値観から新しい価値観へ変化する兆し”なのだと思います。(^^)

追記 : 京都にも「日暈」が出ていたそうです。
      京都新聞より → http://kyoto-np.jp/article.php?mid=P2009042500049&genre=C3&area=K20

2009年5月4日

  1. 2009/05/04(月) 00:08:00|
  2. 未分類|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。