地球の風景 ~癒されるワ・タ・シ~

                  蓮と申します。 地球の美しい風景、自然、小さな癒しを見つけるのが好きなワタシです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

自然との共生

  【兵庫県 芦屋川】


先日、テレビで 『自給自足生活』 をしている方の番組がありました。
その方はおだやかに語りかけました。

◆◇◆◇◆◇

渓流に川魚は豊富にいるよ。

魚を燻製にすれば1年はもつんだよ。

畑の大根もスモークにすると、とてもおいしくなるよ。

スモークしたあとの木屑の灰は畑の肥料なるのさ。 

何一つ無駄にしないのが 自然と共生にある暮らしだよ。

例えば、海で獲った 貝。

身を食べたあとの貝殻は砕いて、畑の肥料や ニワトリの餌になるのさ。

ニワトリは畑のムカデやミミズを餌にして畑を守ってくれる。

そして、ニワトリのフンは畑の肥料になり 野菜がすくすく育つよ。

ありがたいことに、ニワトリはおいしい卵を産んでくれるのさ。

私の周りで、たくさんの 生命の輪がめぐり 重なり合っていくんだよ。

【自給自足】 という言葉は ”必要なものを自分でつくって満たす” ことではなく

然からわり るを知る” ことなんだよ。

◆◇◆◇◆◇

都会生活しか知らない私にとって、自給自足を送っている人は別の次元(世界)に
存在している人のように感じました。 

こんな世界があるなんて・・・

人間って本当はとてもシンプルで 衣・食・住 と
月・火・水・木・金・土・日 (自然の恩恵) さえあれば生きていけます。

夜空を照らすの灯り
寒さをしのいだり食べ物を消毒する
人間の水分補給 恵みの雨 浄化作用のある
二酸化炭素を吸収し酸素を出してくれる
畑を耕す桑や食べ物を切り刻む
植物の肥やしとなる
植物を育てる

このように自然と共生しながらシンプルなスローライフが
人間本来の生き方なのかも知れません。

都会暮らしでは右を見ても、左を見ても人工的な物質に囲まれて生活をしています。
ハイテクノロジーを駆使した便利な暮らしの恩恵に授かっている現状には感謝します。 

しかし、その便利さが人間の生活と心を複雑にし、
知らず知らずの間に現代的ストレスとなっているような気がします。

人間の本来の生き方は 『自然と共生しながら生きる』 

~ 自給は人を幸せにし

  自足は自分を自由にする。
  
  ゆっくり流れる時間のなかに 本当の幸せがあるのかも知れない・・・・ ~

もうひとつ 新しい夢を見つけたような気がしました。

『自分』 の 『自』 と 『分』 とは ”然とつながった身” を意味するのかも知れません。



  1. 2009/05/26(火) 00:08:00|
  2. 未分類|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。