地球の風景 ~癒されるワ・タ・シ~

                  蓮と申します。 地球の美しい風景、自然、小さな癒しを見つけるのが好きなワタシです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

時間の概念



「わぁ、もうこんな時間! 時間が経つのが早いよね~」
「え~っ、もう6月だよ! あっという間だね」
最近、このような言葉をよく聞きます。

昔を思い返してみると、自分が子供の頃はもう少し時間がゆっくりと
流れていたように感じます。
ところが最近、私の子供まで 「時間が経つのが早い!」 と
子供ながらにして言います。

時計の針は相変わらず刻々と24時間をきざんでいるのに
年々時間が早まっている様に 「感じる」 のはなぜなのでしょうか?

アメリカの科学者テレス・マッケンナの提唱する
『タイムウエーブ・ゼロ理論』 によると、実際に時間の進むスピードが
以前に比べて早まっているそうです。

現在一日が24時間でありながら
実際には18時間のスピードで進んでいて
一年で計算しますと9ヶ月です。 

アインシュタインの相対性理論では
「宇宙で過ごす時間と地球で過ごす時間にはズレがある」
というように、時間は周波数が高くなればなるほど進むスピードも
早くなる性質があるのだそうです。

「以前より時間が早く感じる」
「以前とかわらない」
「早く感じるのは気のせいだ」

人によって時間の進む感じ方が違うのかも知れませんね。(^^)

  1. 2009/06/07(日) 23:25:51|
  2. 未分類|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。