地球の風景 ~癒されるワ・タ・シ~

                  蓮と申します。 地球の美しい風景、自然、小さな癒しを見つけるのが好きなワタシです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ダークマター




 先日NHKのクローズアップ現代という番組を見ていたのですが

宇宙に存在する未知なる暗黒物質

「ダークマター」 の最新情報が放映されました。

NHKのホームページ ← こちらをクリックしていただけると

一部動画が見れます。 ( ご興味があるようでしたらどうぞご覧ください )

ダークマターは、この宇宙に人間の目では見えない 

物質が無数に存在しているのではないかということが

最近の宇宙科学でわかってきたようです。

1993年にアメリカとオーストラリアの宇宙科学研究チームが

暗い星を初めて見つけてから、他の国の研究チームも次々と

光を通さない未知なる暗い星を見つけ出したそうです。

銀河は常に渦を巻いて動き続けているわけですが

銀河系の惑星の質量を足しても

銀河を回転させるエネルギーとはならず

何か見えない未知なる物質が存在してるのではないか・・・というのが

いままで宇宙科学の間でずっと疑問とされてきたようです。

その未知なるエネルギーが、ダークマター だということが

最新の研究で宇宙科学者の間で提唱されています。

私たちが知る元素として認識しているのは118個、物質は宇宙すべてのうちわずか4%

残りの8割~9割近くが謎の物質で、このマクロ宇宙は構成されているそうです。

私たちの体内の宇宙、ミクロ宇宙だってそうですよね。

人間のDNAもわずか3%しか発揮しておらず、残りの97%は未知なるものです。

人間の脳も3%~4%しか能力を発揮していなくて、残りの9割は眠ったままです。

この眠ったままの人間の能力が、いま、まさに目覚める日が近いのではないかと感じています。

宇宙科学者たちは、あともう少し頑張ると暗黒物質「ダークマター」の正体が本当に見つかりそうだ

と、ワクワクしながらカメラの前で語っているのがとても印象的でした。

ダークマターの正体が解明されたとき、今までの常識が覆され

支配的な物の見かたが変わり、天動説と地動説くらい大きな

認識の枠組みを超えた新たな発見!!とまで言われています。

物質世界のパラダイムが まったく変わるのではないかと

とてもワクワクしています。

どうか日本の宇宙科学者の方々に頑張ってほしい

心より 「エール」 を送りたいと思います。

  1. 2010/09/16(木) 00:00:00|
  2. 未分類|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。