地球の風景 ~癒されるワ・タ・シ~

                  蓮と申します。 地球の美しい風景、自然、小さな癒しを見つけるのが好きなワタシです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

なにわ七幸めぐり ⑤ ~住吉大社~

「なにわ七幸めぐり」 の由来は歴史的経緯によって分離された

神社と仏閣が再び一つになり 日本が、さらには世界が一つになることを目的としたのが始まりです。



 5回目は 「住吉大社」 です。

私は大阪育ちなのですが、生まれて初めて この↓路面電車に乗りました。





まるで電車とバスが一つに融合したような乗り物です。

電車のように決められたレール上を走るのですが

車が通る道路と平行していて、歩行者がいたり

一般道の信号機が赤ならちゃんと止まります。

乗り心地は “ガッタン ゴットン” というような感じで

走行中かすかに 「チリン♪チリ~ン♪」 と音が鳴ります。

昭和の情緒溢れるレトロ感がとても良かったです。


さて、「住吉大社前」 に着きました。



大阪では住吉大社に参拝することを 「すみよっさんに参ろうか~」 と言います。

ここは、緑や自然も多く 鳥居をくぐったとたん  清楚な空気に変わり

「ん!? 何だか違うぞ?」 と フワっとした波動を肌で感じました。



住吉の象徴として有名なのが 「反橋」 です。

別名 太鼓橋 (たいこばし) とも呼ばれています。

川端康成が、小説 『反橋』 で「上るよりも降りる方がこわいものです」と

書いたことでも知られています。

夜は21時までライトアップされ、関西夜景100選にも選ばれています。

この橋を渡る目的は、罪や穢 (けが) れを祓 (はら) い清めるためです。

反っているのは、地上の人の国と天上の神の国とをつなぐ掛け橋として

虹にたとえられているそうです。

近くには住吉公園もあり、ここで自然を満喫しながら のんびり過ごしました。



今日も貴重な一日をありがとうございました。


                             ~ つづく ~

  1. 2010/12/03(金) 00:00:00|
  2. 未分類|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。