地球の風景 ~癒されるワ・タ・シ~

                  蓮と申します。 地球の美しい風景、自然、小さな癒しを見つけるのが好きなワタシです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

なにわ七幸めぐり ⑥ ~今宮戎神社~

「なにわ七幸めぐり」 の由来は歴史的経緯によって分離された

神社と仏閣が再び一つになり 日本が、さらには世界が一つになることを目的としたのが始まりです。



 6回目は 「今宮戎(えびす)神社」 です。

関西では 「えべっさん」 という名で親しまれ

聖徳太子の時代、四天王寺の西方の守護神として

建てられたのが始まりです。

祭神は 太陽神である 「天照皇大神」 アマテラススメオオカミ を

はじめとする五柱が奉られています。

日本古事記においては、アマテラススメオオカミのことを 「天照大神」 

「アマテラスオオカミ」 として表記されています。

太陽信仰のルーツは西の方角にあります。

太陽神は日本だけに限らず、

エジプト文明の太陽神 「ラー」 も有名ですよね。 


◆◇◆ エジプト文明にたどり着く“狛犬”のルーツ ◆◇◆




神社には参道や鳥居、拝殿の両脇には左右一対になった

狛犬 (こまいぬ)  が安置されていますよね。 

狛犬は神社の魔よけであり、神社を守る役割を持つと言われています。

狛犬の起源を 西へ西へ辿ってゆくと エジプトまでたどり着きます。

写真の狛犬をよく見ていただくと分かるのですが

獅子 ( しし ) ライオンの姿をしています。

正式名  「獅子狛犬」 とも呼ばれています。



古代エジプト文明 ピラミッドの傍には スフィンクス がありますが、

神社の守護神である狛犬は、スフィンクスに由来しているとも言われています。

二つの狛犬の口元を見ていただければ おわかりいただけるように

上の狛犬は口を 「あ」 というように開けていて

下の狛犬は口を 「ん」 というように閉じています。

日本語である 五十音は 「あ」 から始まり 「ん」 で終わります。

「あ」 から 「ん」 の全ての音は 全宇宙を表していて

狛犬はスフィンクス同様 全宇宙を包含する存在だと言われています。

これは神社だけに限られたことではありません。

お寺にもあります。 大きなお寺では拝殿の手前に

仁王(におう)像が 安置されていますよね。

神社が 「狛犬」 で、 お寺は 「仁王」 です。

仁王様については 次回最終の 「四天王寺」 にて・・・



今日も貴重な一日をありがとうございました。

                            ~ つづく ~

  1. 2010/12/08(水) 00:00:00|
  2. 未分類|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。