地球の風景 ~癒されるワ・タ・シ~

                  蓮と申します。 地球の美しい風景、自然、小さな癒しを見つけるのが好きなワタシです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

世界からエール ~アメリカ~

 東北関東大震災で被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

世界中から日本へ向けてエールの声が届いています。

被災された方々へ少しでも励みになれば幸いです。

産経新聞IZAに掲載されていたアメリカ側で日本人に対する賞賛の言葉です。

以下、転載いたします。


◆◇◆ ◆◇◆ ◆◇◆ ◆◇◆ ◆◇◆


 東日本大震災に対し米国のメディアでは12日、日本国民が大惨状に直面しながらも平静を失わず、相互に助け合うという状況への前向きな評価の論評が目立った。同時に米側専門家たちの日本の建築面での地震対策への礼賛も報道された。



 被災者となった日本の人びとの態度についてはCNNテレビが12日夜、米側のアンカーのウルフ・ブリッツアー記者と仙台地区にいるキュン・ラー記者とのやりとりで詳しく報じた。



ブリッツアー記者の「被災者は商店を略奪したり、暴動を起こしたりという暴力行為には走らないのか」という質問に対し、ラー記者は「住民たちは冷静で自助努力と他者との調和を保ちながら礼儀をも守っている」と報告した。とくに略奪について同記者は「そんな動きはショックを受けるほど皆無で、正直な志向が顕著だ」と述べた。



 こうした質問は米国では2005年8月にハリケーン「カトリーナ」がルイジアナ州を襲った際、住民の多くが避難したニューオルリーンズ市で残った人たちの一部が商店街から軒並みに略奪した実例などがあるため、提起されたといえる。



 CNNでは東京のいるイギリスのエコノミスト誌のケネス・カキー記者の「日本の被災者の間では社会的調和の保持が目立った」という言葉も報じた。米国大手紙ウォールストリート・ジャーナルも12日付の東京発の記事で「東京都民はストイックな冷静さを保っていた」と報道した。



 一方、ニューヨーク・タイムズ、ワシントン・ポスト両紙は同日付でそれぞれ日本の耐震、免震の建築技術の優秀さが東京など都市部のビル崩壊などを防いだという趣旨の記事を掲載した。両記事はカリフォルニア大学のジャック・メール教授の「日本が阪神大震災以後、進めてきた地震の揺れを吸収する建築技術が今回、ビル倒壊を防いだ」という評価や「オーストラリアの地震学センターのケビン・マキュー所長の「日本は建築面で破壊的な大地震に長年、備えてきた結果、いまでは世界でも最高の地震に強い建造物を構築した」という論評を載せた。

 ウォールストリート・ジャーナルは同日付の社説で「堅固な日本」と題し、日本が長年、建築面で大地震に備えてきたことを説明し、「日本ほど自然からの大攻撃に耐えて、生き残るための用意をしてきた国はない」と論評した。同社説は「日本の国民が最大級の地震に立派に耐えたことはすばらしい」と強調した。



さらに同社説は「ハイチの地震や中国の四川大地震とは対照的だ」と述べ、とくに四川の地震で死者が7万にも達したことを指摘して、「中国は富こそあるが、政府が国民への責任を果たさない」と論じて、「この地震で自国を守った日本のパワーは近代国家の実績として見落としてはいけない」と総括した。


◆◇◆ ◆◇◆ ◆◇◆ ◆◇◆ ◆◇◆


こんな惨状でも日本人は決して「獣」にはならず

静や礼節さを失わない・・・

「思いやり、秩序、礼節を保つ国民」として

とても誇りを感じています。

  1. 2011/03/18(金) 17:25:42|
  2. 未分類|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。