地球の風景 ~癒されるワ・タ・シ~

                  蓮と申します。 地球の美しい風景、自然、小さな癒しを見つけるのが好きなワタシです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

3000年前に電球があった?

今から3000年以上前に 「電球」 があったのでは? と思わせるような不思議な壁画があります。
ハトホル壁画【プトレマイオス朝 ハトホル神殿の壁画】

多くの謎を秘めた古代エジプト文明。
エジプトにあるハトホル神殿に一つの大きな謎が残されています。

そのハトホル神殿に 「電球」 と思わせる壁画が描かれています。
スェーデンの古代研究家イファン・トロエニー氏は 「これは古代の電球とそれを支える高圧絶縁体である」という研究結果を発表しました。

一方、「こんな時代に電球なんてありえる訳がない。これは何かの儀式を表現したものだ」という学者の意見もあります。

エジソンも誕生していないエジプト文明に電球などの電気照明があったのでしょうか?

神殿やピラミッドの地下室は暗闇で光を取り入れる窓がないのですが、たいまつなどで火を灯せば必ずスス痕が残されるはずです。
ですが、すべての神殿、ピラミッド内部にはこのスス痕がまったく残されていません。

これらの事実は古代エジプト人が電気照明を使って内部を照らしていたと考えなければ説明ができないそうです・・・

この壁画をめぐって学者の間では一時論争になったことは有名です。

『電球なのか、それとも、単なる儀式なのか、』 どちらの説を信じるのかは個人次第なのです(^^)

詳しくはこちらの下記のHPを参照に(^^)/ http://www.geocities.jp/hiroyuki0620785/yowa/dendera.htm

  1. 2009/04/15(水) 06:08:00|
  2. 未分類|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。