地球の風景 ~癒されるワ・タ・シ~

                  蓮と申します。 地球の美しい風景、自然、小さな癒しを見つけるのが好きなワタシです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

無償の愛

           
  ~地球とは一つの巨大な生命体である~
                             ジェームズ・ラブロック 「ガイア思想」 より

          蝨ー逅ダconvert_20090314094242

ニーチェの格言の一つに、「地球は愛の生命体であり、
そして祈りの心さえも持っているのかも知れない」 と格言しています。

「地球は皮膚を持っている。そしてその皮膚に様々な病気を持っている。
病原体の一つが人間である」 とも説いています。
その皮膚病のような人間をも地球は許し、人間を受け入れているのです。

地球はつねに見返りのない 「無償の愛」 で地表にすべての生物を支えてくれています。
そして、片時も休むことなく自転しながら、
太陽の周りを公転して、そのおかげで昼夜の区別があり、私たちの生命を享受しています。


     ~その地球も、太陽の 「無償の愛」 を受けています~            
      太陽(縮小)

太陽の愛は、光と熱というかたちで信じられないような距離を越えて
確実に地球へ送り届けられています。
太陽からの無償の愛を受けた地球は、
地表にうごめくあらゆる生命にその愛を惜しみなく分かち与えています。

◆◇◆◇◆◇

このように 「無償の愛」 を中心に回っている地球の上で、
人類が 「権力」 と 「欲望」 を機軸にした文明を築いてきたのは、
いかに傲慢なことであるのか、皆さんはもうお気づきでしょう。

しかし、人間が 「欲望」 を抱くのが悪いわけではありません。
問題は 「欲望」 の使い方を誤ることなのです。

「地位」や「権力」を利用して人をコントロールし支配するものが「悪」です。
そのような人は、権力さえあれば、何でも自由になると思い込んでいます。
あなたの周りにもそのような人はいませんか?

今や、日本の政界も経済も教育も、あたりまえのようにまかり通ってきた
「悪」 が限界に達し、崩壊の危機に直面しています。

政治も、経済も、教育も、これから 「愛」 を機軸に動かしていけるかに
かかっているのではないでしょうか。

まず、日本が 「愛を機軸」 に変わらなければなりません。
私たちが日本に生まれてきたことも、ちゃんとした意味があるそうです。

そこに私たち人類、そして地球の命運がかかっているのではないでしょうか。

  1. 2009/03/14(土) 17:45:10|
  2. 未分類|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。